次回開催日時は未定です。
場所  名古屋のセミナー会場
(名古屋市千種区萱場 くわしい場所は、お申し込みいただいた方にお知らせします)
料金 5,000円
予約フォームからご予約ください。

<東京の号泣セミナー>
2月28日(土)13:00〜17:00
場所  エセナおおた(JR大森駅東口より徒歩8分)地図
料金 5,000円
予約フォームからご予約ください。

 

号泣セミナーが本になりました。

竹内好美がカウンセリングやセミナーを通じて行っている涙のセラピーをご紹介しています。

『心と脳のストレスを洗い流す 号泣セラピー』
青春出版社刊
1400円

   

 

 

 

日々の生活の中で、私たちは、無力感や閉塞感、悲しみや苦しみを、


繰り返し経験しています。
この1週間、あなたにはどんなストレスがかかっていたでしょうか?


取引先とのトラブルや、不本意な上司の命令。
予定外の残業で友人との約束が果たせなかったり。


自分ではコントロールできないストレスがいっぱいですね。


泣きたい気持ちになったこともあるでしょう?

仕事に疲れると、人間のからだからはサインが出ます。
 「肩が凝ったから、ちょっとからだを伸ばしてみよう」
大きくのびをして、 凝って固くなった筋肉をほぐせば、
血行がよくなり、仕事の効率も上がります。 
続けてもう少し、がんばれます。
参加された方からは、「心が晴れやかに軽くなった」「とても前向きな気持ちになった」と大評判の号泣セミナー。
号泣は、いわば、心の「断・捨・離」です。

 

 

子供の頃を思い出してみてください。
親に怒られては泣き、友だちとケンカしては泣き、
怒っては泣き、嫌なことがあれば泣き。
なにかというと泣いていた気がしますが、
大人になって、いつの間にか、全然泣かなくなってしまいました。
泣くことは、実はストレスを発散する最良の手段なのです。
だから、子供の頃は、どんなに泣いても、
すぐにけろっと立ち直ることができたのですね。
(最近は、ストレスをため込んでしまう子供も増えているようですが……)
号泣セミナーとは、泣けなくなった大人たちが、
子供のように大泣きに泣いて、
ストレスを発散する方法を学びなおすセミナーです。

 

 

・ 子供の頃、泣くと親にしかられ、泣くのを我慢するようになった。

・ 同僚が仕事のミスで泣いているのを見て、嫌な気分になった。
・ 
感動映画を観ても、うるっとするだけで、涙が出てこない。
・ 
最近、喜怒哀楽の感情がうまく表現できない。

・ 精神的に弱い人間だと自覚があって、他人には強く見せようとしてしまう。

・ 仕事が忙しくて、とにかく疲れている。

・ 心も身体もリラックスしたい。
最近、あまり号泣した記憶がない、あなたに受けてほしいセミナーです。

 

 

 

 

大学卒業後、広告プロダクションのコピーライターになりました。 以来、 広告ひとすじの人生でした。ある大手広告代理店で、 コピーライター、クリエイティブディレクターとして、 20年の勤務経験があります。
職場ではクリエイティブ室長として管理する立場に立ち、 つねに20数人の部下を指導していました。
仕事の中で、多くの女性がキャリア形成につまずき、心を病み、 職場を去っていくことも経験しました。
また、期待されて入社した社員が、厳しい勤務の連続で次第に追い込まれ、 心身症やうつ病などのメンタルヘルス不全に陥ることにも立ち合いました。
しかし、管理者であるにもかかわらず、対応の仕方が まったくわからず、 彼らに辛い思いをさせたという苦い記憶があります。 長年勤めた会社がなくなり、フリーのコピーライターになったあと、 あらためて考えました。企業とフェアに繋がれない人々がなんと多いことだろう。
人が人と、人が企業と、人が社会と繋がることをサポートしたい。 そのために、カウンセラー資格を取りました。 そしていま「こころとコトバの専門家」として、独自のカウンセリングを展開。 クライアントのこころに、前向きなメッセージを届けています。東京大学文学部卒業。

 

 

 


現在、以下のスケジュールが決まっています。

次回開催日時は未定です。
場所  名古屋のセミナー会場
(名古屋市千種区萱場 くわしい場所は、お申し込みいただいた方にお知らせします)
料金 5,000円
予約フォームからご予約ください。

<名古屋で、カウンセリングの個人セッションを行っています。>

ご興味ある方は、カウンセリング予約フォームでご相談内容、日時の希望をお送りください。

カウンセリングの詳細については、こちらをご覧ください。

カウンセリングコース

当日お支払いいただきます。

基本的にキャンセルはお受けできません。 
ただし、3ヶ月以内のスケジュール変更の対応をさせていただきます。

inserted by FC2 system